蘆田裕史・水野大二郎(編)『vanitas No. 002』 vanitas: Fashion Critique Magazine, No. 002
58816f8d9821cc1ad300603b

蘆田裕史・水野大二郎(編)『vanitas No. 002』 vanitas: Fashion Critique Magazine, No. 002

1,944 JPY

About shipping cost

日本で唯一のファッションの批評誌、第2号。 ■目次 ・foreword ・interview 西尾美也/北山晴一/ここのがっこう ・paper 南後由和 陳列とキュレーション ── ユニクロ、コムデギャルソン、デミアン・ハースト」 成実弘至 21世紀スローファッション試論 津田和俊 生きのびるための衣服」 渡辺洋平 衣服論事始め ── 衣服と時間あるいはメゾン・マルタン・マルジェラと反時代的なもの 小林嶺 まなざしに介入するファッション ── 「ショー」という観点から 関根麻里恵 リアルクローズ化する「マンガファッション」 ・international perspective 研究機関紹介 IFM・パリモード研究所(フランス) 展覧会紹介 スペクター ── ファッションが振り返るとき 衣服は現代的か? マダム・グレ、芸術へ至るクチュール ベルギーファッション ── アントワープスタイル フィレンツェ・ビエンナーレ 書籍紹介 ジャック・ローラン『着衣のヌード、脱衣のヌード』 エンリコ・クリスポルティ『未来派とファッション ── バッラとその他の作家たち』 ジョアン・エントウィスル『ファッションの美的経済学 ── 衣服とモデルにおける市場と価値』 フレッド・デイヴィス『ファッション、文化、アイデンティティ』 研究者紹介 『vestoj』 critical essay 星野太 ハトラ ── 「中性的なもの」の力学 蘆田暢人 「雲のような場所」を巡って ──ASEEDONCLÖUD試論 HACHI JUNYA SUZUKI / chloma ── ネット以降の時代 三村真由子 Ka na ta の身体を活かす服(公募) ・afterword ■四六判変型、並製、232ページ ■発行日=2013年6月15日 ■ISBN 978-4-908251-02-3

Other Items