蘆田裕史・水野大二郎(編)『vanitas No. 004』  vanitas: Fashion Critique Magazine, No. 004
58817198a458c06d3600022b

蘆田裕史・水野大二郎(編)『vanitas No. 004』  vanitas: Fashion Critique Magazine, No. 004

¥1,944 税込

送料についてはこちら

日本で唯一のファッションの批評誌、第4号。 ■目次 【特集=アーカイブの創造性】 ・interview suzuki takayuki/石関亮+南目美輝/ドミニク・チェン ・paper 筒井直子「ファッション・アーカイブとその特殊性について──美術館・博物館と企業アーカイブを事例に」 齋藤歩「アーカイブズはなぜ斯くもわかりにくいのか──ヨーロピアナ・ファッションから学ぶこと」 「Europeana Fashion IPR Guidelines」(訳=水野祐、高橋由佳、岩倉悠子) 筧菜奈子「密やかに生成する文様──現代ファッションにおける日本の文様の行方」 松永伸司「なにがおしゃれなのか──ファッションの日常美学」(公募) ・international perspective 研究機関紹介 テキスタイル・ミュージアム(オランダ、ティルブルフ) 展覧会紹介 危険な関係──18世紀におけるファッションとインテリア ファッションにおけるクィアの歴史──クローゼットからキャットウォークまで アントワープに着陸したファッション 2001 シック・クリックス──現代ファッション写真における創造性と商業性 書籍紹介 マリー・リーゲルス・メルキオール、ビルギッタ・スヴェンソン(編)『ファッションと美術館──理論と実践』 キム・K・P・ジョンソン、スーザン・J・トーントレ、ジョアン・B・アイシャー(編著)『ファッション・ファウンデーション──身体と衣服についての言説史』 キャロライン・エヴァンス『メカニカル・スマイル──モダニズムとフランス/アメリカにおける最初のファッションショー(1900-1929) ピーター・マクニール、サンダ・ミラーズ『ファッションについて書くこと、批評すること──その歴史、理論、実践』 研究者紹介 ティモ・リサネン ・critical essay 高城梨理世「『名前がないブランド』の可能性──エレガンスとコンセプチュアルを巡って」 柴田英里「ドラッグ&ドラァグ──あらかじめ封印された『女の子カルチャー』と戦うための戦闘服としてのMILK」 NOSIGNER / 太刀川英輔「(YET)UNDESIGNED DESIGN デザインしないデザイン」 山内朋樹「イメージをまとわせる──植物のコラージュがかたちづくる亜生態系」 ・afterword ■四六判変型、並製、232ページ ■発行日=2014年6月28日 ■ISBN 978-4-908251-03-0

その他のアイテム