蘆田裕史・水野大二郎(編)『vanitas No. 007』 vanitas: Fashion Critique Magazine, No. 007
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

蘆田裕史・水野大二郎(編)『vanitas No. 007』 vanitas: Fashion Critique Magazine, No. 007

1,980 JPY

About shipping cost

特集:ファッションとジェンダー ・introduction ・interview 長見佳祐(HATRA) 長谷川愛 市川渚+檜山敦 ・paper 原山都和丹「手編みのユニフォーム―シェットランドのガンジー」 アネケ・スメリク「フラクタルの襞―イリス・ヴァン・ヘルペンのファッションデザインへの新しい唯物論からのアプローチ」 難波優輝「身体のないおしゃれ―バーチャルな『自己表現』の可能性とジェンダーをまとう倫理」(公募) 増永菜生「『イタリアらしさ』が生まれるとき―2010年代後半のドルチェ&ガッバーナのショーを例に」(公募) 小田昇平「転移をうみだすアクセサリ―ジンメル、ラカン、バルト、メゾン・マルタン・マルジェラのアクセサリをめぐって」(公募) 工藤源也「フセイン・チャラヤンのファッション・デザインにおける身体の相補的関係―モビリティの発達と私たちの身体のゆくえ」(公募) ・international perspective 展覧会紹介 書籍紹介 ・critical essay 増野朱菜「サイボーグはウェディング・ドレスの夢を見るか?―サイエンス・フィクションがサイボーグに女性性を与えるとき」 ・afterword ■四六判変型、192ページ ■ISBN978-4-908251-14-6